しらべぇ

みやぞん、トライアスロンを無事完走 ゴール後の「まさかの一言」に拍手喝采

『24時間テレビ』で161kmのトライアスロンに挑戦していたみやぞん。完走後のコメントに称賛が相次ぐ。

エンタメ

みやぞん

(画像は『24時間テレビ』番組公式Twitterのスクリーンショット)

25日から26日にかけて放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、ANZEN漫才・みやぞんが161.55kmのトライアスロンにチャレンジし、放送中にゴールを果たす。

疲労困憊の中、みやぞんが発した一言に称賛の声が相次いでいる。

 

■「どんなときでも楽しく笑顔で」

しらべぇ既報のとおり、正午の時点から体を痛めて体力も失われていたみやぞんだったが、放送終了ギリギリで武道館前にたどり着く。歩道にはたくさんの人々が応援に駆けつけ、みやぞんにエールを送っていた。

それを見たみやぞんは、走りを止め、被っていた帽子を脱いで応援者たちに深々と頭を下げる。

そして、ゴールを果たしたみやぞんは、感想を聞かれると「楽しかったです」と一言。挑戦中は何度も諦めようとしたが、たくさんの声援や一緒に協力した仲間たちの言葉を信じ、必死に走ったという。

さらに、「どんなときでも楽しく笑顔で」を心情にトライアスロンを楽しんだと語り、その後何度も「楽しかったです」と語る。

 

 

■「あなたのような人でありたい」「心が洗われた」

みやぞんのゴールを受け、ネット上では「完走おめでとう」「よく頑張った」と称賛の声が相次いだ。

また、すでに体力は限界を迎えていると思われるが、それでも「楽しかった」とポジティブな感想を漏らす様子に「勇気をもらった」「感動した」との声も。

 

■『24時間テレビ』に感動する?

しらべぇ編集部がツイッターユーザー1,136名に『24時間テレビ』について調査したところ、「感動したことがある」と回答したのは15.0%。6割以上が感動したことがないようだ。

 

批判の声が相次いでいたが、楽しみながら挑戦したというみやぞんの姿を見て「応援してよかった」と感じた人も多かっただろう。

疲労困憊でもプラス思考を崩さず、周囲への気遣いを忘れないみやぞん。今回の放送でファンが増えたのは間違いなさそうだ。

・合わせて読みたい→みやぞん、猛暑で体力奪われ歩く場面も 「限界きてる」「リタイアさせてあげて」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】方法:Twitter調査
調査期間:2018年8月22日〜8月23日
対象:Twitterユーザー男女1,136名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu