赤坂のチロルチョコ大好きコンビニがまた壊れた? 『焼まろん味』3万個が店内にあふれる

バレンタインデーには『桔梗信玄餅味』を10万個仕入れて話題となったが…

チロルチョコ

今年のバレンタインデーに、チロルチョコ「桔梗信玄餅味」を10万個仕入れ、話題を呼んだセブンイレブン赤坂Bizタワー店。「武田信玄ファン=2万人」といった仰天ポスターもすさまじかったが、またも大量のチロルチョコを仕入れてしまったようだ。

 

■新作「焼まろん」味を3万個

チロルチョコ

店内に入ってみると、そこかしこに積み上げられたチロルチョコの山。秋の新フレーバー「焼まろん味」を押したかったようだが、今回はバレンタインという季節性もないせいか、3万個という少し控えめの数字。とはいえ、通常ではありえない。

 

■「仕入れすぎ」は自覚?

店内にいくつも貼られた手づくりポスターには

「今回はさすがに…仕入れすぎ!? いえ、大丈夫です! なんてったって日本で1番チロルチョコ売れますから!!!」

 

と自信満々なコメントが並ぶ。

 

■冷蔵ケースもチロルチョコが占拠

ふだんはチルド製品などが並んでいるはずの冷蔵ケースも、チロルチョコ一色。

チロルチョコ

店員さんに聞いたところ、

「先週くらいから始めてます。結構売れてますよ。チロルチョコ、美味しいですから」

 

と教えてくれた。

 

■和菓子に近い再現度

チロルチョコ

しらべぇ編集部でも1袋(10個入り)を購入して試食してみたが、

 

「ザ・栗ですね。チョコ感はあまりない。チョコというより栗のお菓子」

 

「まったりしてて和菓子っぽかった」

 

「栗のほくほく感が再現されてる」

 

 

と、なかなかの高評価。京都の人気焼き栗専門店『比沙家』とのコラボ商品だけあって、かなりのレベルのようだ。

とはいえ、これだけの量を仕入れるのはちょっと意味不明すぎる気も。3万個は、どれくらいで完売に至るのか。店内のカオスぶりも合わせて、お近くの方はぜひ確認してみてほしい。

・合わせて読みたい→スイーツで食べたい秋の味覚はどれ? 一番人気の「栗」にひたひたと迫るのは…

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ