西川史子、沢田研二を巡りテリー伊藤とバトル 一部ファンは「太り過ぎ」発言に怒り

西川史子が「ジュリー愛」を爆発させテリー伊藤とバトル。でもファンの反応は微妙?

エンタメ

2018/10/21 15:00

西川史子

21日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、西川史子がジュリーこと沢田研二愛を爆発させ、テリー伊藤と一触即発のバトルを展開。

その鬼気迫る雰囲気と発言に、視聴者が騒然となった。


 

■ジュリーファンの西川史子が持論

番組では沢田研二のライブドタキャン問題を議論。大のジュリーファンという西川は、

「ああいう形で出てきてほしくないし、しかももうちょっと痩せてほしいし。ちょっと太り過ぎじゃないですか。ジュリーって言ったら私のなかでは神なんですよ。


小学校4年生の頃からずっと見ていて、こういう形になっているのはすごく残念としか言いようがない」


とコメント。そしてドタキャンについては、

「彼のファンっていうのは70代なんですよ。50代・60代・70代、そういう人が一生懸命来たなかで『今日はできません』っていわれても、やっぱり(お客さんが)かわいそうだなと思いますね」


と、ファンでありながらも沢田研二の行動について苦言を呈した。


関連記事:ビートたけし、沢田研二のドタキャン騒動にコメント 「歳をとったら我儘になる」

 

■テリーと西川がバトル状態に

テリー伊藤はこの件について、昭和の大歌手・美空ひばりさんも晩年はお客さんが入らないながらもステージに立っていたと指摘し、「出てほしかった」と話す。そして、

「ジュリーが太ってるってね、彼には彼の哲学があって、痩せると声が出なくなる。彼はそこにすごく意識があって」


と指摘。すると、西川が激怒し、

「そんなことないですよ。ジュリーを好きな人から見たら全然そんなことないです」


と噛みつき、何やらスタジオは不穏なムードに。テリーは「ジュリーの哲学を今話してるんで」と制するが、西川は、

「あたしだって哲学知ってますよ。あたしジュリー大好きなんですから、そんな言い方しないでくださいよ」


とまたも怒る。しかしテリーは、「ジュリーが自分の中で言っている」と一歩も引かない姿勢を見せた。

次ページ
■太田光も西川の勢いに驚き

あなたにオススメ