秋田の「ワンハンドグルメ」味噌たんぽが話題 「五平餅との違いがわからない」との声も

秋田のワンハンドグルメが話題

グルメ

2018/11/30 13:30

きりたんぽ
(GI15702993/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

旅行では美味しいものを片手に歩き回り、観光地を散策することを楽しみにしている人は多いだろう。

そこで、秋の行楽にラストスパートをかけるべく、29日に放送された『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では、「歩きながら食べられるワンハンドグルメ」が紹介されて話題だ。

 

■きりたんぽの兄弟?

中でもとくに話題になっているのは、秋田県の「味噌たんぽ」。ソウルフード・きりたんぽに味噌を塗って焼いたものだ。

主に田沢湖が味噌たんぽの発祥の地になっており、観光客だけでなく地元の人にも人気があるという。番組が秋田ケンミンにインタビューをすると…

「これ、かぶりつくの。五本くらいはいけるでしょ」

 

「きりたんぽは鍋に入れて食べるもの。きりたんぽの兄弟みたいなものかな」

 

と、語った。きりたんぽと味噌たんぽはどちらも米だけで作った「たんぽ」であり、切って鍋に入れれば「きりたんぽ」甘味噌を塗って囲炉裏で焼けば「味噌たんぽ」である。

 

■五平餅じゃないの…?

ネットでは五平餅とは違うの? という声が目立っている。

 

■旅行先で食べ過ぎてしまう?

しらべぇ編集部では全国の20代~60代の旅行に行ったことがある人1,182名に、旅先での食事について調査を実施。

結果、「つい食べ過ぎてしまう」と答えた人は、全体で57.6%。性年代別でみると30代女性の割合がかなり高く、じつに70.1%に達している。

また男女で比較すると、全ての年代で女性のほうが高い結果に。普段はダイエットを気にして抑えている食欲が、「旅行だし、いいよね」と緩んでしまうのだろうか。

五平餅と味噌たんぽが同じなのではという声もあがっているので、旅行によく行く人は食べ比べてみても面白いかもしれない。

・合わせて読みたい→まゆゆドラマ『サヨナラ、えなりくん』に決着 「結局下ネタ?」の声殺到

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の旅行に行ったことがある人1,182名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ