体罰で退職のバレー部監督、別の高校でまた体罰 説明に「全然反省してない」の声

部員の髪を引っ張って倒したり、練習中に複数の部員に向かって暴言を吐いたり、ボールをぶつけていたという。

社会

2018/12/11 20:00

(Ben-Schonewille/iStock/Thinkstock)

10日、広島県尾道市の私立尾道高校は女子バレーボール部の部員に体罰を加えたとして、監督だった男性教諭(53)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分としていたことが判明。

繰り返されていた体罰に、ネット上では呆れの声も出ている。


 

■以前にも体罰で退職

報道によると教諭は今年の9月中旬、女子バレー部の寮で部員1人の髪を引っ張って倒す行為のほか、練習中に複数の部員に向かって暴言を吐いたり、ボールをぶつけていたという。

教諭は以前、鹿児島県の私立高で女子バレー部の監督を務め、チームを全国優勝に導くなど活躍していたが、07年に部員への体罰で退職。その後、同校にやってきて2010年に監督に就任していた。

教諭は調査に対し体罰を認めており、「鍛えるためだった」と話したということで、10日付で退職しているという。


関連記事:夫からふたりきりで温泉旅行に誘われた妻 「絶対に行きたくない理由」に共感の声

 

■「治らない」「反省ゼロ」

この報道に対し、ネット上では「もう治らないと思う」「反省してないんだな」など、嘆きと諦めの声が相次いだ。

・もう絶対治らんだろうから「体罰をする人だ」と認識して雇わないと同じ事の繰り返しだわな。正確には虐待な


・凶暴な荒くれ者だけどバレーボールも出来ます、みたいな人間を指導者に雇ってしまうのが日本の教育観


・もうこれは病気なんだろうな


・鍛えるためだったって……


・全然反省してないんだな

次ページ
■6割が「犯罪として処罰」を支持

あなたにオススメ