やっぱり家族と過ごすのが一番! 「正月は実家」派の楽しみは…

正月は家で過ごすか、実家に帰るか。既婚者には「義実家」という選択肢もあり…。

家族
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

帰省ラッシュが始まり、テレビも特番が増えるなど、いよいよ年末らしくなってきた。やっとの思いで仕事を納め、正月はゆっくり過ごそう…と思っている人も多いのでは。

正月は実家でのんびりする、と決めている人もいるだろう。

 

■正月はやっぱり実家?

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,664名を対象に「正月の過ごし方」について調査したところ、全体の25.8%は「実家で過ごす」と回答。

実家調査

4人に1人は帰省し、実家で家族との正月を過ごしているようだ。

 

■60代はやっぱり少なめ

性年代別で見てみると、やはり20代〜40代が多くなっている。

実家調査

「家で1人で過ごすのもアレなので、年末は実家に帰っている。ゴロゴロと寝正月できて最高! 家に帰りたくなくなるくらい」(20代・女性)

 

「我が家のお雑煮が日本一だと思ってる。これのためだけに帰省する感じ」(30代・男性)

 

一方、60代は1割以下という結果に。

「むしろ私たちの家が、子供たちの帰ってくる『実家』。家で出迎える準備をしています」(60代・女性)

 

「両親が他界しており、帰る実家がもうない」(60代・男性)

 

という人も多いのだろう。

 

■既婚者に絞ると…?

結婚してからは、自分の実家に帰るのか配偶者の実家に帰るのかも気になるところ。そこで既婚者のみに絞ってみると…

実家グラフ

20代〜50代では、女性より男性のほうが「実家に帰る」人が多い結果に。

「正月は基本的に12月30日〜1月3日まで、僕の実家に家族で帰っている。おせちとかお雑煮とか作らなくていいし、親孝行にもなるし、一石二鳥」(30代・男性)

 

「毎年、どっちの実家に帰るかもめている。今年はなんとか勝ち取った」(40代・男性)

 

と、「どっちに帰るのか問題」を抱えている家庭も少なくない様子。今年の年末年始は、普段は行かないほうの実家に帰ってみるのもいいかも。

・合わせて読みたい→「孫の顔を見せて」にイラっ! 年末年始に実家に帰らない理由4選

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象: 全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ