静岡県知事、パワハラ再発防止に「ですます調」の方針に物議 「口調の問題じゃない」の声も

自殺をした職員のパワハラ問題を受け、静岡県知事が再発防止として示した内容が物議を醸している。

話題

2019/01/27 06:30

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自殺をした職員のパワハラ問題を受け、静岡県知事が再発防止として示した内容が物議を醸している。


 

■パワハラが原因で自殺

今月18日、静岡県は交通基盤部の出先機関に所属していた職員が2017年3月に自殺していたことを明らかにした。

自殺との因果関係など調査中だというが、当時所属長だった59歳の男性からパワハラを受けていたことも公表し、所属長だった男性を3か月分減給の懲戒処分としたことを報告した。


 

■部下にも「ですます調」で

この問題を受けて、川勝平太県知事は「職員が職場で苦しんで命を落とすのは、あってはならない。痛恨の極み」と述べた。

当時、所属長は自殺した職員に対し、「ばかだ」「日本語が書けない」など、言葉の暴力を浴びせていたようだ。川勝知事は「(上司に)『それは言い過ぎですよ』と言う勇気を持ってほしい」「もし理不尽なら私の所に来てほしい。知事室を駆け込み寺として活用してくれれば」と語った。

さらに再発防止策として、県庁内では部下にも「ですます調」で話すよう職員に呼び掛けていく方針を示したという。

次ページ
■「違う違う」「怖さを知らない人の発想」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ