山本譲二「坂上忍が止めるレベルの暴言連発」に視聴者ドン引き 「マズくない?」

『バイキング』山本譲二の過激発言に坂上忍もタジタジ。「職業差別だ」と怒りの声も…。

坂上忍

28日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に演歌歌手の山本譲二が出演。発言の数々が「差別的」「偏見」と物議を醸している。


 

■新井被告に「なんかやりそうな顔」

しらべぇ既報のとおり、保釈が認められた新井浩文被告の一件。山本は「ほんと申し訳ないけど、俺は新井被告っていうのを知らないんだよね」と自分の勉強不足を前置きした上で、「なんかやりそうな顔してんだよね」と新井被告の容姿の印象を語る。

コメンテーターとしてあるまじき偏見ともとれるコメントだが、MCの坂上忍も2秒ほど苦笑いを浮かべてフリーズ。「あの…人相的にはほんと悪役とかアクの強い役が合うんですけど」と新井被告の顔つきについてフォローする事態に。


 

■美術モデルへ差別発言?

また、山本は美術モデルの大原直美さんが京都造形芸術大学の講義でセクハラを受けたと主張した件について、「素っ裸で人様の前に立ったり寝っ転がったりする場面ですよね? どうしてそういう職業を選んだのか俺はわからない」と、本件とは関係のないコメントをする。

「それはちょっと全然違う話!」と坂上や共演者らが慌ててフォローするも、「俺の娘が美術モデルってなったら絶対に反対するもん」と制止を振り切って持論を述べた。

これを受け、坂上は「美術モデルっていうのも立派な仕事」「大原さんはすごく誇りをもってその仕事をされてる」と発言するが、山本は「これがいいのかな?」と手でお金のサインを見せ、坂上から「また…この手が!」とツッコミを入れられて笑顔を浮かべていた。

次ページ
■「それは言っちゃダメ」「謝罪させたほうが…」

あなたにオススメ