運動するくらいなら現状維持? 意外にも10代女性と50代男性に共通点

様々なダイエットや健康に関する情報が発信される昨今。運動に対する意識はどのようなものなのか。

ライフ

2019/04/03 10:30

(demaerre/iStock/Thinkstock)

ダイエットや体型維持のためには、どうしても努力が必要な場合も多いが、忙しかったり、疲れたりしていると継続的に行うのはなかなか難しい。それでも、体型や健康を保つために運動をする人はどのくらいいるのだろうか。


 

■「体型のため運動が必要」は7割

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「痩せたり、体型を維持するために運動するくらいなら、今の体型のままでいいと思う」という質問に対し「思わない」と答えた人は、全体の70%にのぼった。


やはり運動をしてでも、ダイエットや体型維持をしたいと考える人は多いようだ。


関連記事:デコルテが美しい女性に憧れる? 同性からの羨望が目立つ傾向も

 

■「運動は不要」と考える年齢層は?

しかし、男女年齢別に「運動するくらいなら今のままでいい」と答えた人を見ていくと、10代女性が37.6%と、他の女性の年齢層に比べて、やや多い結果となった。

10代女性といえば、容姿にも関心を持ちはじめる年代なので意外な結果だ。若いうちは代謝も良く、痩せやすいと言われているため、気にせずとも問題ないと思う人が多いのかもしれない。

また、男性では50代が39.7%と、全体に比べてやや多めの結果に。仕事が多忙など、なかなか運動をする時間がないのだろうか。それぞれ状況は異なるだろうが、面白い共通点が見えた。


■容姿に自信があるかどうかは関係ない?

一方、運動を必要と感じるかどうかは、容姿に対する自信は関係ないようだ。「体型のため運動をしたほうがいい」と考える人で「容姿に自信がある」のは68.2%。「容姿に自信がない」のは70.3%という結果に。どういう状態であれ、体型を気にしている人は多い様子。

最近では、マンツーマンでダイエットを指導してもらう「パーソナルトレーニング」や、AIが食事管理をしてくれるアプリもあり、ダイエットや体型維持の方法も多様化している。自分に合った運動を、無理なく行なっていきたいものだ。

・合わせて読みたい→流行りの「親子コーデ」の印象は? 子育て世代では難色を示す意外な結果に…

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ