堀北真希さん、新5千円札発表でなぜか話題に 「梅ちゃん先生じゃないの?」

新5千円札の発表で、津田梅子を『梅ちゃん先生』と勘違いする人が続出。堀北真希さんを思い出す声も…。

5千円札
(frema/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇ既報のとおり、政府が2024年を目処に1万円札、5千円、千円札のデザインを一新することを発表。その中で、5千円札の顔となった津田梅子をNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』のヒロインと勘違いする声が見られた。


 

■無関係のふたりだが…

2012年に放送された同ドラマは、堀北真希さんが演じるヒロイン・下村梅子が、医師を目指して奮闘する物語。ふたりは「梅子」という名前こそ共通しているが、何の関係性もない。また、下村梅子はあくまでもドラマ内の架空の存在だ。


関連記事:はなわ、GACKT新曲発表に「俺の歌やん!」と困惑 「何が起きたの?」と両ファン騒然

 

■梅ちゃん先生と勘違いする声が続出

しかし、津田梅子が津田塾大学を創設したこと、同ドラマの『梅ちゃん先生」というタイトルから、ふたりを混同してしまった人も少なくなかったようだ。ともに激動の人生を歩んだことも関係しているのかもしれない。

「5千円札が津田梅子になり つまりそれは梅ちゃん先生であり堀北真希になるはずだ」


「津田梅子さんはあれでしょ? 朝ドラの梅ちゃん先生? 堀北真希」


「梅ちゃん先生のモデルは津田梅子さんじゃないっていうのを今知った…」


コメントの中には、今回の件で堀北さんが話題になったことから、「5千円札は堀北真希でよくない?」「津田梅子通り過ぎて堀北真希がいいな」という熱狂的なファンもみられた。


■NHKの朝ドラを好きな人は…

また、『梅ちゃん先生』だけでなく、2015年放送のNHKドラマ『あさが来た』のヒロインとも勘違いする声も。それだけ、NHKの朝ドラの影響力は凄まじいということだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,349名に「NHKの朝ドラ」について意識調査を実施したところ、「大好き」「まあまあ好き」と答えた人は4割以上にもおよんでいる。

朝ドラグラフ

2017年に芸能界を引退した堀北さんだが、思わぬかたちで注目されることになってしまった。それだけ『梅ちゃん先生』が多くの人に愛されていたということだろうか。

・合わせて読みたい→『おかあさんといっしょ』あわや放送事故? キャラクターが子供らに襲われ…

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,349名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ