マツコ、イベント時の渋谷での大騒ぎに「私の負け」宣言 「あの日に限っては無法地帯」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でイベントごとに大騒ぎになる渋谷について、マツコ・デラックス、有吉弘行が言及した…

エンタメ

2019/05/02 15:00

マツコ・デラックス

年越しのカウントダウンやハロウィン、イベントごとに大騒ぎになる昨今の渋谷について、1日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で言及。マツコ・デラックス、有吉弘行が「諦め」にも似た心境を吐露した。


 

■なぜ渋谷なのか?

長野県在住の42歳女性は「東京の人ってイベント時、渋谷スクランブル交差点に集まりすぎだけど、何かあるの?」と不思議に感じているという。

この疑問に対し、有吉は「マツコさんお得意とするところの…。長々と渋谷叩き、埼玉叩きが始まりますよ」とこれまでことあるごとに渋谷の騒動に苦言を呈してきたマツコを煽る。

マツコは「叩きはやめて。埼玉は応援してます」と反論しながら、「私の負けよ」と降参を宣言。「渋谷のどんちゃん騒ぎが習慣のようになった」と分析し、有吉とともに「あの日に限っては無法地帯」と断言した。


関連記事:マツコ・有吉、「エゴサーチをする人は強靭な精神」 悪口は「100人中2人の意見」と分析

 

■渋谷にはブラックホールがある

東京在住の2人だが「渋谷に何があるのか?」という疑問には答えられない。有吉は「埼玉とか千葉の人が来てんじゃないの」と指摘、マツコも「あの中に東京の人なんていない」と賛同する。

また、集まる人達には「薄汚れた自分たちには見えない、渋谷に何かが見えている」と予測。

アインシュタインが相対性理論から仮設を立てて存在すると主張してきた「ブラックホール」の撮影が成功したことを例に、「渋谷の(自分たちには見えない)あれ…ブラックホールなんじゃない?」ととんでもない推測まで飛び出す始末。

結局、「騒ぐ人にしかわからない何かがある」と諦め、結論づけた。

次ページ
■視聴者は共感

あなたにオススメ