『ヒルナンデス』ワイプに映ったオードリー若林に心配の声 「様子おかしくない?」

『ヒルナンデス!』でのぬいぐるみ企画でオードリー・若林正恭が神妙な表情に。「どうしたの?」と心配の声があがる。

若林正恭

15日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にオードリーの若林正恭が出演。生放送で見せたワイプの表情に心配の声があがっている。


 

■「ぬいぐるみ専門病院」を特集

番組では、依頼者の大切な物を修理する企画「宝物お直しセンター」を放送。今回はぬいぐるみを修理する「ぬいぐるみ専門病院」を特集した。

依頼者である22歳の男性が登場し、5歳の頃からかわいがっているイルカの抱きまくらの「イルカン」について「ぬいぐるみなんですけど、家族。ペットとも違う」と愛情を語ると、ワイプに映った若林は頷きながら神妙な表情を浮かべる。

17年間使い込んだためかなりの痛み具合と汚れが目立つ「イルカン」だが、丁寧に布を洗い、綿を詰めることで見事に復活。綿が潰れてやせ細った姿から、新品同様のふかふかでキレイな姿になった。


関連記事:美人アナウンサーの借金が発覚 オードリー若林「女子アナで初めてかもしれない」

 

■元通りになったぬいぐるみに感動?

その姿を見た若林は、涙をこらえるような表情に。さらに、元通りになった「イルカン」を見て依頼者が大喜びすると、口元を手で抑えてリアクションすることなくVTRを見つめる。

そして、依頼者が「こんだけキレイにしてもらったら、おじいちゃんまでずっと一緒にいなきゃいけないなって改めて強く思います」と喜びを語ると、感極まったのか数秒ほど上を向いていた。

次ページ
■「どうしたのかな?」と心配の声

あなたにオススメ