じつはハードルが高い? 楽器を演奏したことがある人の割合とは

音楽は日常に溢れているが、自分で演奏する機会はなかなか少ない。

ライフ

2019/05/19 10:30

楽器
(Furtseff/iStock/Thinkstock)

子供の頃ピアノを習っていたという人や、学生時代にバンドブームでギターやベースに手を出した人も多いのではないだろうか。

楽器が誕生した時代や背景は詳しくわかっていないものの、手を叩く、大地を踏み鳴らすといった演奏は、人類の誕生と同時に行われていたのではないかと言われている。

音楽は私たちの生活と密接に関係しているが、実際、楽器を演奏したことがある人の割合はどれくらいなのだろうか。


画像をもっと見る

 

■半数以上が演奏経験なし

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の44.3%が「楽器を演奏したことがある」と回答した。

楽器

演奏経験がある人は半数をきっており、意外と少ないことが判明。なお、男性39.4%、女性は48.6%と、女性のほうが10ポイント近く高い結果となった。


関連記事:占いが当たった経験を調査 「当たりやすい」と感じるのはどんな人?

 

■越えなければいけないハードルも

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

楽器

一般的に経験率は年代が上がるほど高くなりがちだが、男女ともに10代の割合がもっとも高く、男性は53.1%、女性では60.4%と、半数以上の人が演奏経験がある。

楽器を演奏するのは、じつはハードルが高い。楽器は高価なものが多く、手軽に手を出しにくい。また、自宅で演奏するとなると騒音問題になりかねない。さらに、大きい楽器になると持ち運びが不便で、個人ではなかなか手を出しづらいのが実情だ。

最近では設備が整っている学校も多く、10代の学生は授業や課外活動で楽器に触れる機会があるのだろうか。


■自由業の6割が経験者

楽器演奏の経験率は、職業によってバラつきも見られた。

楽器

年代別の結果で10代の割合が高かったことから学生の割合が多いのは頷けるが、ほぼ同じ割合で自由業が62.5%と、演奏経験が豊富なのが興味深い。また、公務員や会社員の経験率が3割程度と低いのも特徴的だ。

音楽には癒しの効果があると言われているが、米国の研究では、楽器を演奏すると脳を活性化させるという説もあるそう。自由業の人たちは演奏を通して、インスピレーションを得ているのだろうか。

・合わせて読みたい→海外でホームステイした経験は? フリーランスや経営者に多い背景とは

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)