King&Prince、岡田准一に委縮? ファンからは「仕方ない」と納得の声

岡田准一が『おしゃれイズム』に出演。後輩グループのKing&Princeに関するエピソードを明かした。

ジャニーズ事務所

V6の岡田准一が、16日放送のバラエティー番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。

ジャニーズ事務所の後輩にあたるグループ、King&Princeに過度に気を遣われているように感じるというエピソードを明かした。


 

■後輩と食事に行くのだが

後輩であるHey!Say!JUMPの山田涼介と食事に行くのだが、「なんかこれおいしいよね~」という会話をするだけだという岡田。「向こうはどう思ってるんですかね?」と考え込む姿を見せる。

上田晋也が「そりゃ、憧れの先輩で、『僕もああいう風に映画に出たいなあ』とか思ってんじゃない?」とフォローを入れても、納得がいかない様子だ。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■一気に背筋を伸ばして委縮

どうやら、岡田は後輩から気を遣われているように感じるよう。後輩のKing&Princeを「かわいいなあ」「頑張ってほしいなあ」と思っているのだが、後ろにいた彼らのほうを振り返って見ると、一気に背筋を伸ばして委縮されるのが見てとれたこともあったそうだ。

上田が「自分が思うよりもっと軽く見せないとダメなんじゃない?」と話すと、森泉は「今度会ったら、『ハロ~』って言ってごらん」と独特のアドバイス。岡田は困惑しながらも、実践してみせていた。

次ページ
■ネットでは「仕方ない」の声

あなたにオススメ