木下優樹菜、福祉施設からファンレター その内容に「涙が止まらない…」

木下優樹菜が届いたファンレターに涙した事を明かしたのだが、その理由とは…

タレントの木下優樹菜が26日、自身のインスタグラムを更新。ファンから送られたファンレターに涙してしまった理由を明かしている。


 

■福祉施設からファンレター

木下は2006年にスカウトされてから2019年までの13年間、多くのファンからファンレターを貰ったことに感謝の意を示すコメントを投稿。そして、この日に届いたある1通のファンレターを掲載した。

差出人は府中市にある、とある福祉センターの職員。手紙の内容は、利用者の男性が木下のファンであり、どうしてもファンレターを送りたくて一緒に作成したという内容のものであった。

男性は、木下が出演していた『ヘキサゴン』も大好きで、DVDも沢山所有しており、日々の楽しみにしているのだそう。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■「どうか届きますように」と願いを込めて…

この手紙には、男性がファンレターを書いている様子を収めた写真も同封されており、木下は「ゆきなとりりなの画像を見ながら描いてくれたの。もうね。愛って凄いょ。涙が止まらないくらい、 わたし、がんばるよ」と、感動した様子を見せた。

また、手紙には宛名が書いていなかったらしく、自身のインスタグラムでの返答となってしまったことも明かし「どうか届きますように」と、願いを込めて投稿を締めくくっている。

次ページ
■「感動した」などの声が寄せられる

あなたにオススメ