張本勲氏、満員のMLB英国開催に「珍しいから来てるだけ」 「自国ではガラガラ」と批判も

日本時間の30日にロンドンで開催されたMLB公式戦。これに張本氏は…

スポーツ

2019/06/30 12:00

 

■「アメリカの野球はガラガラ」

続けて張本氏は、

「初めてのは誰でも見に行くでしょう珍しいから。だから見てくださいよ、アメリカの野球は今ガラガラだもん。見てない、入ってないもん。見るお客さんが少ないということですよ。


だからね公式戦で海外でやったのは日本は1回もないから。1回あるのは1962年か、沖縄がまた返還する前に、東映と西鉄が行っただけだから。


アメリカは日本にやったりロンドンでやったり、興行が成り立ってないから、ほかでやりたいんですよ」


と持論。関口宏が「苦しくなってんのかな?」と質問すると、張本氏は「そうでしょうね」と同意した。


関連記事:関口宏と張本勲氏、アメリカ野球の新戦術を「余計なことしすぎ」と批判 ネット民は非難の声

 

■元メジャー高橋尚成氏は否定

これに反論したのが、自身もメジャーリーグで活躍した元巨人・DeNAの高橋尚成氏。関口宏から「苦しいんですか?」と聞かれると、

「そうは感じないんですけどね。アメリカの観客動員数っていうよりも、もっと野球を見てくれっていう気持ちのほうが強いんじゃないかなと思うんですよね。なので違う国でやるんじゃないかんと思いますけどね」


と張本氏の持論を否定。これを聞いた張本氏は、

「英国はアメリカの人がたくさんおるそうですよ。アメリカのスポーツに飢えたということで、それを見え透いて興行を打ったからね。成功だったと」


とコメントした。

次ページ
■発言に怒りの声

あなたにオススメ