宮迫らが受けた「テープ回してないやろな」 岡本社長は「冗談だった」と釈明

22日、都内で吉本興業の岡本昭彦社長が一連の騒動を踏まえ会見を開いた。

エンタメ

2019/07/22 18:25

 

■明石家さんまから言われたこと

宮迫らの会見後、明石家さんまからは「芸人のことを考えてやってほしいことはもちろん、会社の立場もあるだろうけどもし俺が手伝ってやってもいいか」と言われたそう。

松本人志からも、「ちょっと間違えを犯した子たちをサポートできるような環境を作ってほしいと。俺も手伝うから、と言われた」と言葉をもらったという。ほかにも、ベテランはじめ多くのタレントから叱咤激励があったとも明かした。


関連記事:「どう変わるんです?」 吉本興業・岡本社長の会見を観た芸人たちの想い

 

■進退についても回答

また、宮迫に下された契約解除の撤回、田村については「会社としては直接契約解除はしきれていなかったので処分等とは思っていないが彼の気持ちがそういう気持ちだと伝わっているので改めて処分を見直して話し合いができれば」としている。

今回の一連の騒動を踏まえ、大崎洋会長とともに1年間の50%の減俸を行うと表明。進退については、「自分が変わっていくことでみなさまにご評価していただけたら」などとし、現在調査中であることを踏まえ現段階では辞任する考えがないことを明かした。

また、同時にコンプライアンスの再徹底と芸人ファーストとして、ギャラ問題についても意思疎通を図っていくと断言した。

・合わせて読みたい→デーブ・スペクター、吉本の「テレビ局は株主」発言を批判 「株を手放すべき」

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事の画像(9枚)


あなたにオススメ