宮城県の高校で3年間に渡るいじめが発覚 学校・教委のずさん過ぎる対応も

宮城県内の高校で長期に渡る酷いいじめの実態が明らかに…

社会

2019/08/25 10:30

文部科学省によると、2017年度の全国の小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめ認知件数が約41万件(前年度約32万件)。そして、いじめ防止対策推進法第28条第1項に規定する重大事態の発生件数は474件(前年度396 件)となっている。

そんな中、宮城県の高校で長期に渡っていじめが行われていることが、しらべぇ編集部の取材で分かった。



 

 

■卑猥な言葉を浴びせる

宮城県立泉松陵高等学校の3年生の女子生徒に対して、この生徒が1年生の4月から「ビッチ、ヤリマン、発情期の猿」などの卑猥な言葉を浴びせるなどのいじめが続いている。体育の授業中には「うざ、何こいつ、ふざけんなよ」などと言われ、ボールを顔面にぶつかられる事態も発生。

体育の教師に何度も相談するも何ら解決しないことから、被害生徒はストレスからリストカットを繰り返す事態に。


関連記事:「殺してやる!」 いじめっこ集団に宣戦布告した被害者の母が逮捕

 

■いじめがエスカレート

冬になると、体育のサッカーの授業中に背中を狙ってボールをぶつけられ、それを避けると「なんで避けてんだよ。つまんねー」といった言葉を浴びせられるようになったという。バスケットボールの授業中には、傷口がある左足にわざとぶつかったり、足をかけられて転倒させられた。

このときに怪我をし、血を流すと「うわー、エイズじゃん、きたねー、うつるから近寄んな」と複数の生徒から言われた。その場を体育教師が見ていたが、注意もせず、倒れて起き上がることができなかった被害生徒の救護も行わなかったという。

次ページ
■SNS上のいじめも

この記事の画像(2枚)