霜降り明星・せいや、簡単なうどん作りに挑戦したはずが衝撃の展開

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で霜降り明星・せいやがうどん作りに挑戦した結果…

エンタメ

2019/09/05 10:00

霜降り明星・せいや

誰でも手軽に作れる国民食・うどん。さまざまなアレンジを楽しめる料理だけに、うどんに関する数多くのレシピ本が発行されている。

4日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、うどん店でバイトしていた霜降り明星せいやがレシピ本を片手にうどん作りに挑戦。その結果に視聴者から驚きの声があがっている。


 

◼うどん店のバイトなのに…

うどん店でバイト経験があるせいやだが、皮付きの玉ねぎを触るのも初めて。皮の剥き方や薄切りの仕方もわからない料理初心者と判明する。

そこで「レシピ本のうどんを作りまくる」という企画内容を急遽変更。「初心者でもレシピ本を見れば美味しいうどんが作れるのか」検証することに。


関連記事:「埼玉県民が熱愛する冷や汁そうめん」は本当に人気? 『ケンミンSHOW』に疑問の声

 

◼カレーうどんに挑戦

まずはカレーうどんに挑戦するせいや。包丁すら握ったことがなく、玉ねぎの薄切りを終えるのに15分かかってしまう。

食材を炒める順番を間違え、豚肉は焼きすぎて固く、玉ねぎは半生状態。めんつゆと出汁を、レシピ本を無視して独自配合で投入するなどして1時間10分かけてカレーうどんを完成させる。

せいやは、一口食べ「まずい」と苦笑い。「めんつゆが強すぎてカレーが死んでいる」と嘆いた。

次ページ
◼次々に失敗

あなたにオススメ