借金まみれの小学校教諭が現金窃盗 県は「全力で不祥事防止に取り組む」

小学校教諭がギャンブルで借金を重ねた末の驚愕の行動とは…

話題

2019/09/28 09:40

金庫
(Jay_Zynism/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

教諭の不祥事が止まらない。つい先日も埼玉県の教諭の懲戒処分を取材したばかり。今回は、神奈川県の小学校教諭が事件を起こした。しらべぇ取材班は、神奈川県教育委員会と厚木市教委から、詳しく話を聞いた。



 

■校長室にあった積立金を…

神奈川県教育委員会は26日、勤務先の学校の校長室から現金を盗んだとして、厚木市立北小学校の臨時的任用職員の男性教諭(29)を、同日付で懲戒免職にしたと発表。

教委によると、教諭は8月28日午後、同校の校長室に入り、金庫に保管されていた修学旅行等積立金16万1,020円を盗んだ。業務を装って教頭からカギを借りて開けたという。

紛失が発覚したため、9月3日に校長の下駄箱に全額戻し、翌日に自ら校長に犯行を申し出たとのこと。翌5日からは自宅待機処分となっていた。


関連記事:教諭が生徒と殴る約束を交わして実行 市教委は「あるまじき行為」

 

■民間の保育園勤務を経て…

教諭は大学卒業後民間の保育園に勤務し、2014年11月から厚木市内の小学校での勤務を始めた。2018年4月から厚木市立北小学校での勤務をスタートし、現在は特別支援学級の4名の指導を担当していた。

学校では、26日朝に全校児童への説明、そして夜には臨時の保護者説明会を開催。教諭が授業を担当していた児童の保護者からは、「今後の授業はどうなるのか」という不安の声があがったという。

この点については、現在在籍している教諭が臨時に授業を受け持つとのこと。27日から臨床心理士が学校に入り、児童の心のケアにあたっている。

次ページ
■教諭の裏の顔