大久保佳代子が「容姿が良ければなりたかった」理想に衝撃

『あちこちオードリー』で、大久保佳代子が「理想の自分」を熱弁して…

エンタメ

2019/10/12 17:20

大久保佳代子

オードリー・春日俊彰が店主、若林正恭が常連客として招いたゲストとトークを繰り広げる『あちこちオードリー 春日の店あいてますよ』(テレビ東京系)。

12日放送回にはオアシズ・大久保佳代子滝沢カレンが来店。大久保が明かした「理想の自分」があまりにも衝撃的だった。



 

 

◼大久保が諦めた夢

「諦めてしまった夢」をテーマにトークが盛り上がるなか、48歳の大久保は「本当はヤリマンでいたかった」と熱弁。オードリーから「お昼の番組ですよ」とツッコミが入るも、大久保は関係なしに言葉を紡いでゆく。

「女子は全員思う」と前置きした上で、「身体も精神も健康的でキレイな若い時に、男性に求められそれに応える、そういう時期がほしかった」と振り返る。


関連記事:大久保佳代子、“27時間マラソン”を完走したら… 「木村拓哉の行動」に感激

 

◼今でも諦めていない

性欲の強さを自負する大久保は、「もし神様が上等なビジュアルをくれていたら、伝説に残るヤリマンになれた」と熱弁。容姿がよければ男性から求められそれに応えられた、容姿が良くなかったためにそこを目指せなかったと吐露する。

40歳を超えて性欲が落ち着いてきたと明かし「ヤリマン、尻軽が夢だった」「めくるめく性欲をぶつけられたかった」と嘆いたが、今でもその夢は諦めていないと野望も漏らした。


◼4割以上は「モテたい」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査したところ、全体の4割以上が「モテたいと思う」と回答している。大久保の該当する40代は、女性として最も「モテたい」時期のようだ。

容姿が良ければヤリマンになっていたという大久保。「隣の芝生は青い」というように、手に入らないからこその憧れなのかもしれない。

・合わせて読みたい→オアシズ大久保が最低なクリスマスを激白 「人間性がおかしくなっていく」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1378名 (有効回答数)