流れ星、YouTuberとしての目標は「まずは1岐阜!」 取材中には新ギャグも

お笑いコンビ・流れ星が9月23日にYouTuberデビューを果たし、狙いなどを聞いた。

流れ星

お笑いコンビ・流れ星のちゅうえいと瀧上伸一郎が9月23日、YouTuberとしての活動を開始。狙いなどについて取材した日、瀧上は『気配斬り』の罰ゲームとして、塩味の素揚げタランチュラを食べさせられたといい、喉を詰まらせる形で話し始めた。

「すみませんね、タランチュラが喉に詰まってて…」


 

■2つの公式チャンネルの違い

2人の公式チャンネルは、「〇〇やってみた」というように、企画中心の『流れ星TV【公式】』と、ライブの動画を配信する『流れ星漫才【公式】』の2つ。現在は週3ペースで公開し、配信曜日にもこだわりがある。

ちゅうえい:「金土日の週末に流してます。若い子みんなが学校休みとかで、見やすい環境になる、ってお偉いさんが言ってました」


関連記事:流れ星、綱引き動画配信も 「むっちゃ…」でまさかの自主規制に

 

■「お偉いさんが言ってました」

YouTubeを始めた理由についても、ちゅうえいは事あるごとに「お偉いさんが言っていた」とボケを見せた。

「俺ら関係ないところでバズってたらもったいないからやろう、とお偉いさんが言ってました」


「来年20周年なので枠広げてYouTubeやろう、てお偉いさんが言ってました」


瀧上は「お偉いさんって誰なんだよ」とツッコミ。インタビュー中も笑いを取る姿勢を崩さず、瀧上は補足説明した。

「非公式でたくさん動画はあったのに、公式がないので作らないといけないのではないか、と。プロの芸人がYouTubeやっても再生回数が伸びないのは理由があると思う。芸人のプライドを持たず、YouTuberのルールに従い、土俵に入ったならしきたりに従いたい」


「『あの流れ星ってYouTuber、漫才上手いね』と言われるようになったら勝ちかなと思います」

次ページ
■300ギャグ披露予定「全然ある」

この記事の画像(11枚)