河野防衛相からリプライをもらったVtuber、安倍首相ものまね芸人と対談

河野太郎防衛大臣からリプライをもらったVtuber・結目ユイと、安倍首相のものまね芸人との対談が実現。

道玄坂フィクション

双方向コミュニケーション仮想ライブ空間『SHOWROOM』にて、「バーチャルタレント×ものまね芸人『道玄坂フィクション』」が25日21時より配信される。



 

■「政治家」つながりの出演者?

番組出演者は、バーチャルタレントプロジェクト「AVATAR2.0」に所属する結目ユイ(むすびめ・ゆい)、安倍晋三首相ものまね芸人として知られる佐竹正史と岩橋淳からなるお笑いコンビ「ビスケッティ」。

一見、全く接点のない組み合わせのように思われるが、じつは「政治家」つながりという共通点があるのだ。


関連記事:香港発クルーズ船・ウエステルダム号 新型コロナ検査で邦人乗客4人は陰性

 

■河野外務大臣「ないことはないが」

安倍首相のものまねをしている佐竹はわかるが、一方の結目はどのように政治家と関わっているのか…。

結目のツイッタープロフィールを見てみると、「河野太郎にエゴサバトル仕掛けたら規制かかりました」との文言が記載されている。

というのも、結目が23日に「河野太郎さん、Vtuberに興味ないかな…」とツイートしたところ、河野外務大臣から「ないことはないが」とリプライをもらっているのだ。


■「#脱バーチャルツイッター芸人」

このリプライを受け、結目は自身を知ってもらうための概要ツイートを作成。さっそく、「防衛大臣に補足される」との項目を追記した。

『道玄坂フィクション』では、そんな河野外務大臣からリプライをもらった結目と、安倍首相ものまね芸人の佐竹が対談。

「#脱バーチャルツイッター芸人」のハッシュタグで、結目の弱点を募集し、その解決を目指して熱い議論を展開するという内容なので、ぜひ、読者のみなさんも参加してもらえればと思う。

・合わせて読みたい→高須院長、「首相いじめてコロナ対策の邪魔するの止めて」 発言には賛否分かれる

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)