田中みな実のカラオケの1曲目は『タッチ』 歌を利用して男性陣を惑わす

『女が女に怒る夜』で田中みな実がカラオケで1曲目に歌う曲について熱弁して…

エンタメ

2019/12/03 07:15

田中みな実

2日放送『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)で、フリーアナウンサー・田中みな実が「カラオケで1曲目に歌う曲」について熱弁。その理由と実演に、男性陣がメロメロになった。


 

◼田中と大久保は『タッチ』

「イイ女的カラオケで1曲目に歌う曲」というテーマでトークが展開するなか、奇しくも大久保佳代子と田中の答えが一致。2人は岩崎良美の名曲『タッチ』を選ぶと明かす。

真剣に考えたという大久保は、「1曲目はみんな緊張する。ハードルを上げても尖った歌を歌ってもダメ。みんなが知っていて丁度いい」と選曲理由を告白。これに田中も追従し、理由を語っていく。


関連記事:ちょっと触らないで… パートナーからのボディタッチさえ嫌な理由とは

 

◼田中が『タッチ』を歌う理由

田中は「(『タッチ』のヒロイン・浅倉南と)みなみ繋がりで求められることが多いから練習した」と解説。さらに曲の「タッチ、タッチ、ここにタッチ」の部分でボディタッチをすると場が盛り上がるのも選曲理由だと語る。

俳優・清原翔に実際にタッチ部分を実演してもらうと、清原は照れながらも大満足の表情。司会のくりぃむしちゅー・上田晋也もその横で順番待ちをしていたがそれが気に食わない女性陣から「終わりです」と強制終了され、「ここで終わりですか?」と心底悔しがった。

次ページ
◼視聴者は「尊敬する」