『スッキリ』加藤浩次、パワハラと指導の違いを主張 「まさにそれ」

『スッキリ』加藤浩次がパワハラに対する苦言を呈し、視聴者からは賛同する声が多数上がっている。

エンタメ

2019/12/20 12:30

加藤浩次

かつては「指導」と捉えられていたものが、現在では「パワハラ」に当たるケースは決して少なくない。20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、MCの加藤浩次が両者の違いを分析し、視聴者から共感の声が相次いでいる。



 

■医療の現場でも…

『スッキリ』が注目したのは、プロレスラーのジャガー横田を妻に持つ医師・木下博勝氏に、勤務先でのパワハラ疑惑がかけられているという話題。

被害を受けたという男性は車のトランクを閉めた際に、木下氏から「鼓膜破れたらお前、金払えんのか?」「医者の給料、なんぼだと思ってるんだよ? お前、払えると思ってんのか慰謝料」といった言葉を浴びせられたという。


関連記事:『スッキリ』などで活躍中の加藤浩次 その好感度を聞いてみると…

 

■木下氏の反論

訴えられた内容に対して木下氏は「トランクを閉じる音を注意したことはあったように思う」と認めた上で、相手の男性は医師を乗せて車を運転する立場にあるため「もし事故にでもあって医師が休むことになった場合、大変なことになる」ことを伝えたかったとし、パワハラではないと否定している。

慰謝料というワードを用いたのは、「金銭で例えると分かりやすい」と考えた上での行動だという。

次ページ
■人に注意する上で重要となるのは…