帰省スルーしたい! 義理の両親と「うまくいっていない」と感じた瞬間3選

既婚者の頭を悩ます「義理の両親」との関係。良好か聞いてみると…

人間関係

2020/01/04 10:00

家族
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2019年末、Twitter上で「帰省スルー」「帰省ブルー」というワードが話題になった。義理の両親と過ごす年末年始が憂鬱で「帰りたくない」と呟く既婚者が続出したのだ。

嫁姑問題は離婚の原因にもなり、良好な関係を築くまでにはかなりの苦労を要するといわれる。果たして世間の既婚者は「うまくいっている」のだろうか。



 

■義理の両親とうまくいっていると思う?

しらべぇ編集部では全国の20~60代の既婚者825名を対象に、義理の両親との関係について調査を実施。

結果、「義理の両親とうまくいっている」と答えた人は52.5%。若干ではあるが、良好な関係を築いている既婚者が多いことがわかった。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次の“帰省ブルー”持論に反響 「もっと言って!」

 

■うまくいっている年代は…

義理の両親とうまくいっていると答えた人を年代別に見てみよう。20代の割合が高く、61.0%となっている。核家族化が進み、二世帯住宅が極めて少なくなっている昨今。「会っているときだけうまくやっていけばいい」だけに、険悪にはならないのかも。

一方60代は45.8%とうまくいっていない人が上回る。昭和の時代は一緒に住み、年中顔を合わせるだけに揉めることも多かった。それが要因だろうか。

次ページ
■うまくいっていないと思った瞬間3選

この記事の画像(2枚)