『逃走中』純烈・酒井一圭が自首を選んだ理由 「気持ちわかる」と反響相次ぐ

『逃走中』純烈・酒井一圭が自首を選択。その理由に「成功してほしかった」「かっこいい」と反響が相次いでいる。

エンタメ

2020/01/06 17:00

酒井一圭

歌謡コーラスグループ「純烈」リーダーの酒井一圭が5日放送の『逃走中』(フジテレビ系)に出演。自首しようとした理由にネット上で反響が寄せられている。



 

■塾代30万円のために…

同番組といえば、出演者たちが「ハンター」と呼ばれる敵から逃げながらミッションをクリアして賞金を獲得するという人気番組。出演者たちが皆のために自分を犠牲にしてミッションに協力したり、ときに自己都合を優先したりする様子がSNSで毎回評判を呼んでいる。

残り時間に応じて獲得賞金も増えていくのだが、酒井は「月給がいま44万円。(賞金が)44万円を越えたら自首しよう」とゲームクリアではなく「自首」を選択。「家族も納得してくれると思うし、長男の(受験の)最後の追い込みの塾代も30万円くらいかかるって嫁に言われたから…」と家庭の金銭事情を明かした。


関連記事:純烈、紅白でシャンプーハットを配る? 「もし出られなかったら…」

 

■あとわずかのところで自首失敗

そして、賞金が67万円になった段階で酒井は「息子のために思い切って自首します」と自首用の電話へと向かう。「息子は『なんで自首した』って言うタイプ。だけど妻が喜ぶ」と話していると、後ろからハンターが。

捕まった酒井は、わずか10メートルほど先の自首用電話を指差して「近くて遠かったな〜あの(電話)ボックス。塾代パアや」と疲れ切った表情をうかべた。

次ページ
■自首選択がネットで賛否

この記事の画像(1枚)