『ミヤネ屋』気象予報士が生謝罪 1月に“春の嵐”で「予報大ハズレ」

西日本を中心に、1月にも関わらず「春の嵐」となった8日。場所によって寒暖差が大きくなったのには、予報を狂わすある原因が…

エンタメ

2020/01/08 18:40

冬の横断歩道
(krblokhin/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

8日、急速に発達した低気圧の影響で、全国的に荒れた天気となった。そんな中、同日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、気象予報士の蓬莱大介氏が生謝罪する事態に。



 

■「春の嵐」のはずが寒かった東京

1月としては記録的に気温が上昇し、西日本では「春の嵐」となった8日。東京など首都圏も前日の予報では同じく春の嵐が予想されていたのだが、実際には気温が上がらず寒い1日となった場所が多かった。

このことに、宮根誠司からは「東京も暖かくなるという話だったんですけども、今午後2時で6.4℃ですよ」と鋭いツッコミが。


関連記事:まだ5月なのに猛暑の予報が… 気象予報士にその異常ぶりと危険度を直撃

 

■予報が大幅修正「年に1度の大ハズレ」

これについて、蓬莱氏は「ウェザーニュースが先程最新の予報修正をしまして、(東京の)予想気温は10℃の予想と…」「一年に1回くらいですね、気温を大外しする予報のときがあって、じつは今日のこのパターンなんですよ」と説明。

その原因は「南風」で、前日の予報では東京まで強い南風が吹き込む予報だったが、実際には千葉県南部までしか南風は入らず。そのため、予想が大きく外れてしまったという。

次ページ
■「申し訳ないです…」と謝罪

この記事の画像(1枚)