武漢から帰国した日本人の取材に疑問噴出 「マスクの付けかたが…」

中国は武漢から帰国した日本人がインタビューに対応。しかし、現場の状況に疑問を覚える人も少なくない。

社会

2020/01/29 14:30

マスク
(y-studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界を恐怖で包み込んでいるといっても過言ではない、新型コロナウイルス。日本国内でも感染者が発見されており、深刻さは日に日に増していっている。



 

■武漢より帰国した日本人

29日午前、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国・武漢に在留していた日本人206名が政府チャーター機で帰国。そのうち男性2名が羽田空港にてメディア取材に応じた。

『とくダネ!』(フジテレビ系)などの情報番組では取材の様子がリアルタイムで流れ、「現地での対策」や「機内の様子」といった事柄が語られている。


関連記事:新型肺炎めぐり厚労省のツイッター大荒れ なぜか河野防衛相に注目集まる

 

■視聴者が疑問に感じたのは…

貴重な情報が明かされたが、多くの視聴者は男性らの「マスクの付けかた」に疑問を感じているよう。ネット上では「2人ともマスクしてるけど、鼻が全然隠れてない…」「マスコミの人たちもかなり近づいてるけど、あのマスクの付けかただと危ないよね」といった声が散見された。

「電話取材のほうが安全だったのでは」などの意見も少なくなく、今回の取材そのものに違和感を抱いた人も多いようだ。


■危機意識の少なさなのか…

しらべぇでも既報のとおり、武漢市にはマスクの着用を拒否する高齢者も見られるという。一方、日本国内では中国人旅行客による「マスクの買い占め」も発生するほど危機意識が高まっているが、用法を誤っていては本末転倒。

マスクを着用する際は、正しい付け方を心がけたい。

・合わせて読みたい→コロナウイルス感染拡大で… イモトを心配するファンの声が泣ける

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)