『ブラタモリ』ナレーションの草彅剛、「声がかすれてる」と心配殺到 ファンが原因究明

『ブラタモリ』(NHK)で、ナレーションの草彅剛の声が「変わった」と心配されている…。

草彅剛

1日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が高知県四万十川を訪問。「最後の清流」こと、四万十川に隠された秘密に迫る一方で、ナレーション・草彅剛の声を、視聴者が心配する事態になっている。



 

■いつもよりも低くかすれた声に…

爽やかな自然に引き付けられ、四万十川には年間120万人の観光客が訪れているという。そんな四万十川は全長が196㎞あり、太平洋まで流れる四国で最も長い川になる。

今回、タモリ一行は下流、中流、上流、そして源流までの196㎞を辿りながら、四万十川の秘密に迫ることに。そんな中で、冒頭、四万十川について説明する草彅の声がいつもよりも低く、鼻声がかかったように聞こえた。

なお、その後も四万十川の風景を伝える場面では、いつものナレーションと違って元気がなく、声がほんの少し枯れている。


関連記事:タモリ、めったに出会えないレア電車と遭遇 強運ぶりに「持ってるな」と羨望も

 

■どうやら主演舞台が原因?

いつもと違う草彅のナレーションを聞いた視聴者からは、「草彅くんの声がいつもと違う」「草彅くん風邪?声がガラガラやん」など、心配する声が殺到した。

その一方で、草彅が主演を務める舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』が現在上演中ということで、「舞台稽古真っ只中の頃の収録かしら…」「草彅さん、舞台頑張ってるから声が変わってるんですね」と、声が掠れている理由はこの舞台が原因なのではないか…と、察する視聴者も相次いでいる。

風邪と思いきや舞台が原因だと分かった今回。だが、心配する視聴者がいる一方で、中には「いつもより低いのもいい!!!」と、絶賛する声も上がっている。

・合わせて読みたい→草彅剛、ブリーフ姿で『ガキ使』に登場 SMAPネタで笑い誘う場面も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子