「あおり運転」被害の訴えが続々と編集部へ 目撃者は「近々警察に報告する」

あおり運転を目撃したとの証言が続々と。その実態とは…

話題

2020/02/11 08:40

あおり運転
(写真提供:ゆーきさん)

先月も、あおり運転被害の訴えを取材した。その後も編集部には続々と情報が寄せられており、今回はしらべぇ取材班が目撃者2人から詳しく話を聞いた。



 

■執拗な蛇行運転

情報提供者のゆーきさんは、2019年の11月22日の午後8時ごろに、あおり運転を目撃。

場所は、石川県津幡町の国道8号あたりだと話す。目の前に割り込んで来たセルシオが、執拗に蛇行運転を続けている様子が、動画に収録されている。「あおり運転や危険運転で有名な車両らしいです」とゆーきさんは、語る。


関連記事:山梨・あおり運転した男が逮捕 県警は「殺人未遂罪の適用もあり得る」

 

■「友人と近々警察に行く予定」

ゆーきさんの友人が、別の日に石川県で撮影した画像も編集部に寄せられた。SNS上には、他にも「いきなりブレーキを踏まれて、煽られた。同じ県として恥ずかしい」と、この車両の写真付きでの投稿が見られる。

「いろいろな人から多数の目撃証言があるので、日常的にやっているものと思われます」と述べ、「友達もこの人に煽られているので、時間を合わせて、近々警察に報告しに行く予定です」と語った。


■埼玉県久喜市でもあおり運転報告

もうひとりの情報提供者フーリエさんは、埼玉県久喜市久喜本の炭火亭の前の交差点で、30〜40代男性があおり運転を行っていたと話す。平日の夜6時ごろ、交差点の一時停止線で、一時停止している前の車に対して、進むよう何度もクラクションを鳴らしていたという。

その後、あおり運転手は、一時停止もしていなかったとのこと。「何度か目撃しているので、常習犯だと思います」と語る。

SNS上には、あおり運転に関する投稿が日常的にされており、しらべぇ編集部は、積極的な取材アプローチも実施中。あおり運転撲滅に向けて、早急な「厳罰を含めた法改正」が求められている。

・合わせて読みたい→浜松ナンバーのあおり運転が頻発 「目つきが鋭い40代くらいの男性が運転」との証言

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)