フランス人が『田舎のオシャレ寿司店』に感動した理由とは

フランス人が熊本に寿司店に行って驚いたこととは

グルメ

2020/02/12 10:30

熊本県の田舎で、フランスの田舎を思い出す絶品のパンを食べて感動した、日本で活躍するフランス人モデルのロマンさん。その日の夜は、熊本県の海側・宇土市のオシャレ寿司店『門内』へ行くことにしたのだが、とある理由でかなり驚いていた。


画像をもっと見る

 

■フランスにはあまりない雰囲気?

宇土市は熊本市から車で1時間かからない場所だが、ネーブルなど柑橘類の栽培も盛んで、田舎の風景を残したベッドタウン。

フランスでは田舎町にあまりオシャレな雰囲気のレストランは無いらしく、いい雰囲気の寿司店が少しだけ田舎の住宅地にあることに感動したようだ。


関連記事:フランス人、日本の田舎で『焼きたてパン』を食べてヘブン状態になる

 

■前菜から種類豊富

門内は高級感のある雰囲気の寿司店だが、コースは5,000円からと比較的リーズナブル。今回は7,000円のコースを注文した。

前菜から始まり、刺身に白子の昆布焼きなど、さまざまな料理が続いて行く。ロマンさんは白子を食べるのは初めてだったが、難なく食べられた。しかし次の料理は…

次ページ
■フランス人「なまこ美味しい」

この記事の画像(17枚)