「お腹の肉が邪魔して…」 足の爪をほとんど切らない人の言い分とは

足の爪は、あまり人に見せる機会が少ないそのために、爪を切らすに放置している人もいるようである。

ライフ

2020/02/15 11:00

爪切り
(Bunphot/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

足の爪は靴や靴下に隠れて、人に見せることは少ない。そのため足の爪の手入れを、おろそかにしている人もいるようである。


画像をもっと見る

 

■「ほとんど切らない」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、「足の爪について」の調査を実施。

足の爪はほとんど切らないグラフ

「足の爪はほとんど切らない」と答えた人は、全体で20.1%だった。


関連記事:脇に足の爪…臭くてもやみつきになる「ニオイ決定戦」

 

■手の爪には気が回っても

性年代別では、男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

足の爪はほとんど切らない性年代別グラフ

手の爪には気が回っても、足の爪は放置しがちな人が多いようだ。

「手の爪は目につくから定期的に切っているけれど、足は靴下を履いて見えないからあまり気にならない。手よりも足の爪を切る回数は、かなり少ないと思う」(20代・男性)


手の爪が伸びすぎると、パソコンのキーボードを打つのに支障が出る。

「手の爪が伸びていると、パソコンのキーボードが叩きにくくなる。そのような理由もあり手の爪は頻繁に切っているけれど、足の爪はよほど伸びないと気にならないから」(20代・女性)

次ページ
■靴に当たって痛くなると切る

この記事の画像(3枚)