吉田沙保里、現役時代に応援を感じたモノで感動 「これは私の応援だ!」

レスリング元日本代表の吉田沙保里が、東京五輪PRイベントに登場した。

レスリング元日本代表の吉田沙保里が、21日に『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアPRイベント』に登場した。



 

■現役時代には日の丸から…

鮮やかなサンライズレッドのウェアを着用し「たくさんのかたに応援してもらって、パワーを発揮できる。選手も応援してもらっているという気持ちになるはず」と印象を語った。

自身が現役時代には、日の丸の旗を目にすると「応援されている」といった気持ちになれたという。

「(過去の大会で)入場のときに、日の丸が多ければ多いほど、『これは私の応援だ!』と力が出ていました。日本の日の丸があると、選手も嬉しいし、眩しくなるのではと思います」


関連記事:土屋太鳳、五輪注目選手は同世代 「1人の女性として尊敬」

 

■注目競技は…

吉田沙保里

自身は競技生活から一線を引いたが「どの競技にも興味がありますが、同級生やソフトボールの上野由岐子さんだったり、怪我を乗り越えた選手だったり…。レスリングも後輩が頑張っているので応援したい」とエール。

「パラの面白さも少しづつではありますが勉強しているので、生で見て勉強できたら」とも述べた。

・合わせて読みたい→高校レスリングの試合に父親が乱入 対戦相手に飛びかかり逮捕

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(2枚)