山本舞香、キャリアを重ねて変化した仕事観 「学ぶことがすごく多い」

『死にたい夜にかぎって』でヒロイン役を演じる山本舞香にインタビューを行った。

山本舞香

MBS /TBSドラマイズム枠にて、現在放送中のドラマ『死にたい夜にかぎって』。爪切男氏の自叙伝的小説を実写化した本作は、主人公・小野浩史とその最愛の彼女・橋本アスカとの6年間が描かれる。

しらべぇ取材班では、アスカ役を演じた山本舞香にインタビューを実施。本作の魅力、役者としてのキャリアを重ねたことによる考え方の変化など話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■アスカの感情をどう表現すべきか

山本舞香

―――『死にたい夜にかぎって』の第1話では、アスカが浩史に嘘をついて唾を売る仕事を続けていたり、それにショックを受けた浩史が風俗に行ったりと、最近のテレビドラマではなかなか観られないような攻めた内容が描かれていました。

最初に『死にたい夜にかぎって』の脚本を読まれたとき、山本さんはどのような印象を受けられましたか?

「ヘビーだけど、やりがいのある役だと思いました。誰でも情緒が不安定になることはあっても、殺意を抱くことはなかなかないじゃないですか。でも、アスカは浩史の首を絞める。


アスカは、自分のせいで彼が苦しんでいるとか迷惑かけてるとか、浩史を殺せば浩史が楽になるって考えだと思うんですが、その感情を掴むのが難しいです」


―――アスカの感情を理解するのが難しいなか、役へのアプローチはどのように行いましたか?

「愛してる人に対して殺意を抱くのはどうしてなのか。それをどう表現したら、ドラマを観てくれる人に伝わるのかが難しい。


悲しい気持ち、憎い気持ち、でも愛してる。そんなアスカの気持ちを毎日考えていますし、監督にも相談させてもらってます。一度、アスカさん本人にも、聞いてみたいなって思います」


関連記事:賀来賢人、恋人役の山本舞香に太鼓判 「放送後に話題になる」

 

■ポンととっさに嘘が出ちゃう

―――アスカは自由気ままで、浩史に対して結構な酷いこともしてしまうようなところがありますよね。でも、愛おしいというのか、大体の男性は好きになっちゃうだろうなと個人的には思いました。山本さんから見たアスカはどんな女性に映りましたか?

「アスカは素直で、笑顔が多い女の子なんだけど、たまに自分を見失う。平気で嘘もつけるし、浮気もしちゃう。変わっているように見えるかもしれませんが、女性が共感するところも多いんじゃないかと思います。


浩史みたいな一生懸命で真っ直ぐで不器用な人を愛して、守ってあげたいから付き合った。でも、仕事が大変でうつになって、それを受け入れられなくて。治そうと思ってもすぐに治るものではないから、また苦しんで。


嘘も、いろいろ考えてつくというより、ポンととっさに嘘が出ちゃう子。頭がいいのか、そうじゃないのかわからない。そういうところを上手く表現できるようにお芝居してます」

次ページ
■「賀来さんはスピリチュアな話が好き」

この記事の画像(10枚)