シャープ、不織布マスク生産開始 公式ツイッターの「ひと言」に感動

日本政府からの要請を受けて、シャープ株式会社が不織布マスクの生産を開始したことを発表

話題

2020/03/24 17:15

シャープ・不織布マスク
(画像はシャープ株式会社公式Twitterのスクリーンショット)

24日、シャープ株式会社は、三重県多気町の液晶パネル工場にて、不織布マスクの生産を開始したことを報告。同社の公式ツイッターでもアナウンスされ、インターネットユーザーからも多くの反響が寄せられている。



 

■政府からの要請受け生産開始

同社公式ツイッターは同日、「ようやっと今日、三重県のシャープ多気工場にて不織布マスクの生産を開始しました」と報告。ツイートには、工場内の様子を写した写真も添付されている。

生産ペースとしては「1日に15万枚の生産ペースではじめ、いずれ50万枚/日を目指します」と説明。同社は、日本政府からの要請を受けて2月28日にマスクの生産を決定。以降短期間で準備を進め、同日より生産を開始したという。


関連記事:都内で”マスクを買うための行列”が話題に メーカーは「通常の10倍の注文が来た」

 

■「これがはじめて」とぽつり

同社公式ツイッターはその後、「電気を使わない自社製品をツイートしたの、これがはじめてだ」ともつぶやいており、未曾有の事態に対応すべく、奮闘した同社の苦労が改めてうかがえる。

一連のツイートには、「ありがとう。シャープ さん…」「製品に込められた思いは同じですね」「目の付け所がSHARPですね!」など、多くのツイッターユーザーから感謝の声が届けられている。


■一般販売は未定


なお、現在シャープで生産されているマスクは政府への納入が最優先となるため、一般発売の時期については「未定」とのこと。現状同社ECサイトでのみ、一般発売が予定されているという。

深刻なマスク不足が続く中、本当に必要としている人へ、一刻も早くマスクが行き渡ることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→高須院長、ドクター中松開発マスクで外出 「一般人でも買える?」と反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)