都内スーパーからカップ麺も品薄状態 あっという間に売り切れた人気商品は…

小池百合子都知事の緊急会見を受け、都内のスーパーが食品を求める客が続出。カップラーメンの売り切れも続出したが、思わぬ人気の差が…。

社会

2020/03/26 06:00

品薄状態のインスタントラーメン

小池百合子都知事が新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、25日夜に緊急会見を行なった。週末の不要不急の外出自粛を要請したところ、都内のスーパーでは多くの客が食品を求めて行列になっている光景がみられた。

筆者が22時に都内のスーパーを訪れた際には、米やパン、肉や魚や野菜などの多くが棚から消えていた



 

■定番シリーズは軒並み売り切れ

品薄状態のインスタントラーメン

なかには比較的保存が効くインスタントラーメンも売り切れが続出。明星食品の『明星チャルメラ』、日清食品の『ラ王』、サンヨー食品株式会社『サッポロ一番』など定番のシリーズは味を問わずすべて売り切れていた。

また、比較的安価なスーパーのプライベートブランドの袋ラーメンも人気のようだった。


関連記事:引きこもりたいときにおススメの保存食 炊飯器で作る『プルドポーク』が激ウマ

 

■中には不人気のものも…

その一方で、超ミニサイズのものや、豆乳や黒酢といった比較的変わり種のものや、韓国の食品会社・農心の『辛ラーメン』をはじめとする激辛系ラーメンは棚に残っていた。人を選ぶ味ということもあり、なかなか手を出しづらいのかもしれない。

また、ラーメンではないがカップうどんやカップそばでは、うどんのほうが売り切れていた。東洋水産の『マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき』でもきつねに軍配。カップラーメンではないが、乾麺でもうどんに手を伸ばす客が多かった。


■カップ麺が好きな人は…

保存がきいて手軽に食べられるインスタントラーメン。もしものときのためにストックしている人も多いのではないだろうか。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名に調査したところ、47.1%が「カップ麺が好き」と回答。また、別の調査では4人に1人が「週に1回は食べている」と答えており、日本人のカップラーメン愛がうかがえる。

思わぬところでインスタントラーメンの人気があらわれてしまった今回の買い占め騒動。「普段ならともかく今は失敗はしたくない」と冒険せずに定番を選ぶ消費者が多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→うどんセットが200円? 衝撃のおもてなし「どんぎつねカフェ」に潜入

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)