吉野家社長が辿り着いた“究極の牛丼の食べ方”に反響 「社長セット出して」の声も

『ひとつ利口になりました』で吉野家社長の牛丼の食べ方が紹介されて…

エンタメ

2020/03/29 08:40

さまざまなジャンル・業界での「利口になれる知識」を調査する『ひとつ利口になりました!』(TBS系)が28日放送。牛丼チェーン店・吉野家の社長が実践する「究極の牛丼の食べ方」が紹介され、話題を集めている。



 

◼知られざる食べ方

超1流企業の社長や有名人が実践する「知られざる究極の食べ方」を調査し紹介する、『聞き出して街の人にひけらかしたい』のコーナーに滝沢クリステルのモノマネで人気の女芸人・金原早苗が登場。自身も週4で通うという吉野家・河村泰貴社長の「牛丼の食べ方」を調査した。

吉野家を知り尽くした河村社長が「ああでもないこうでもないとイロイロ試して最後にたどり着いた」牛丼を金原と男性客が実践、実食していく。


関連記事:新型コロナの影響で… 「牛丼並盛のお持ち帰り値段」に驚きの声

 

◼究極の牛丼とは?

いつもは汁をたっぷり入れた「ツユだくだく」を注文する金原と男性客だが、河村社長の場合は汁を切った「ツユなし」を注文。それに味噌汁と生卵、お新香をトッピングする。

玉子の白身と黄身をわけるセパレーターを使い、黄身を牛丼に乗せ、白身は味噌汁に入れて余熱でかき玉風に。肉と黄身はよく混ぜて七味をたっぷり振りかける、その上にお新香を乗せれば社長がたどり着いた「究極の牛丼」の完成だ。

実食した金原、男性客らは「めちゃめちゃうまい。お新香が辛さを中和してくれている」と絶賛。ツユなしでさっぱりと食べられ、食感も変わると高評価だった。


◼新型コロナの影響もあり…

気になった視聴者も多かったが、「吉野家社長の食べ方、注文めんどいから『社長セット並or大』をメニューに加えたら良いのでは?」との助言も出ている。

新型コロナウイルスの蔓延を受け、吉野家は臨時休校になった子供たちの食事支援として「牛丼並盛」のテイクアウトを税込み300円で提供。さらに27日から31日まで牛丼並盛を74円引きで提供している。

しらべぇでもこの機会に試してもらいたい「簡単な最強牛丼アレンジ」を紹介したが、少し手間はかかるとはいえ、河村社長のアレンジにもぜひ挑戦してほしいものだ。

・合わせて読みたい→新型コロナの影響で… 『すき家』の発表に牛丼ファンが驚愕してしまう

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ