志村けんさん「最後の投稿動画」 惜別コメント約3万件が書き込まれる

29日に逝去した志村けんさん。志村さんが最後に投稿したインスタグラムに、約3万人ものファンが別れの書き込みを行なっている。

29日、コメディアンの志村けん(本名・志村康徳、享年70)さんが、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなっていたことがわかり日本全国に衝撃が走った。志村さんの公式インスタグラムには30日23時現在、約3万件もの惜別コメントが寄せられており、大スターの早すぎる死を悔やんだ。



 

■最後の投稿

志村さんが最後にインスタグラムを更新したのは2019年10月30日。

それまでは「千鳥」の大吾や「タカアンドトシ」のタカら、可愛がっている後輩芸人たちと酒を酌み交わしているオフショットなどがメインだったが、最後の投稿はこの年の正月に撮影した海の動画だった。

音は波と風だけ、さらに奥には落ちゆく夕日が映っているという約15秒の動画で、途中からスローモーション演出が入るなど、アーティスティックでありながらどこか寂しい雰囲気を醸す不思議な映像。明らかにこれまでの投稿とは異質な物だった。


関連記事:志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 悲しみと「怖い」の声広がる

 

■約3万件のコメント

この動画には、約3万件ものコメントが寄せられており、「突然の事でまだ信じれません」「なんでどうして帰ってきて」「涙が止まらない」「天国で長介さん達とゆっくり休んで下さい…」と突然の悲報にショックを隠しきれないファンの声が大半を締めている。

また「コロナがホンマに憎いです」「呼吸器とかつけられて苦しかったですよね。。辛かったですよね」と原因となった新型コロナウイルスの脅威を改めて再認識したという声や、「教えを胸に、必ず終息させて見せます」と悲劇を繰り返さないと誓う声も散見されている。


■感染判明から約1週間

志村けん

志村さんは3月17日から倦怠感などの症状、19日には発熱、呼吸困難といった症状に見舞われ、20日に都内の病院に搬送。重度の肺炎と診断され入院となった。

23日に新型コロナウイルスに感染していることが判明し、人工心肺装置を装着して治療を続けていたが、29日夜11時10分頃に息を引き取った。

・合わせて読みたい→志村けんさん死去、地元・東村山市長と市民から哀悼の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤