黒沢かずこ「自分が感染源になったら…」 とっさの判断に称賛相次ぐ

新型コロナウイルスに感染した森三中・黒沢かずこ。YouTubeに音声のみで近況報告をアップした。

エンタメ

2020/04/06 17:20

森三中・黒沢かずこ

新型コロナウイルスに感染していることがわかった森三中の黒沢かずこが6日、自身のYouTubeチャンネルに、近況報告をアップした。



 

■「自分が感染源になったら…」

YouTubeに音声を投稿した黒沢は、冒頭で新型コロナウイルスだと診断されるまでの経緯を説明。一度は新型コロナウイルスではないと診断されたものの、風邪のような症状が続くことから「自分が感染源になったら怖い」という思いで自宅療養していたことを明かす。味覚嗅覚の感じづらさだけが残り、その後PCR検査して新型コロナウイルスに感染していることが判明したという。

黒沢はこれからについて「(新型コロナウイルスと)戦っていきたいなと思っております」とコメントした。


関連記事:森三中・黒沢、ファンが気づいていた“異変” 「まさかと思った…」

 

■謝罪と注意喚起

黒沢は「皆さんにご迷惑おかけしてしまったんですが、すみません」と各方面の関係者に謝罪。そして、この音声を聞いているファンに向けて、「皆さま、お気をつけください」と注意を促す。

また、療養期間中の過ごし方について、お笑いタレントの東野幸治がYouTubeチャンネルに投稿しているラジオを聴くことが楽しみだと語った。


■自宅療養を選択した黒沢に称賛

この動画を受けて、「黒沢さんの声が聞けてよかった」「安心させてくれてありがとうございます」と久しぶりに聞いた黒沢の声にホッとしたファンからのコメントが多く寄せられた。

また、「自分が感染源になってしまったら」との思いで自ら自宅療養を選択したことに「その判断は素晴らしいと思う」「黒沢さんの判断は、正しいと思います」と称賛の声も。

声のトーンは明るかったものの、完全回復には時間を要するだろう。今は自分の体を第一に、療養に努めてもらいたい。

・合わせて読みたい→鈴木おさむ氏、森三中・黒沢の新型コロナ経緯明かす 「粘って頼みこんで検査」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎