藤井貴彦アナ、天気コーナーでのまさかの“失言”が反響 「じわじわくる」

『news every.』のお天気コーナーで、藤井貴彦アナウンサーの毒のあるユーモアが炸裂。SNSで反響を呼んだ。

エンタメ

2020/05/01 07:45

テレビ番組
(alfimimnill/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

日本テレビの藤井貴彦アナウンサーといえば、同局の『newsevery.』での新型コロナウイルスに関する「心強い発言」がSNS上でたびたび反響を呼んでいる。

そんな藤井アナだが、30日の放送では、お天気コーナーでの切れ味抜群の発言が話題になった。



 

■「木原さん」にチクリ

全国的に晴れやかな青い空が広がっていたこの日、気象予報士で俳優の木原実は、軽妙にトークを展開。「そらジローの黄色がまぶしいですね」と話しかけ、そらジローが元気いっぱい動くと「『眩しいな〜、暑いな〜』ってそんな感じですね」とそらジローの心の声を代弁した。

すると、藤井アナは「あれ? (中継の)時間が余ってるんですか?」とチクリ。すかさず木原から「そんなことはありません!」と笑顔でツッコまれてしまう。


関連記事:日テレ特番、“木原さん”出演シーンに称賛相次ぐ 「一番のプロ」

 

■そらジローの見た目にも…

また、その後のワンポイントお天気コーナーでも、木原がそらジローに「日焼けしたんじゃないの?」とリアクションを求めると、藤井アナは「色落ち?」とコメント。

木原からまたもや「色落ちじゃありません!」とツッコミが入り、そのままコーナーが進行していった。


■新型コロナの話題では真剣に

木原やそらジローに対しての藤井アナのコメントに、SNS上では「容赦ない」「『色落ち?』は失言(笑)」「笑ってしまった」「じわじわくる」と爆笑の声があがる。

ピリ辛な発言で番組を盛り上げた藤井アナだが、新型コロナウイルスの話題では一転して真剣なトーンで「GWは天気も良く、感染者が減ってきたからこそ心配です。緊急事態や正念場という言葉に急かされますが、一番大切なのは基本を思い出すことです。人と会わないというシンプルな行動で十分です。ご協力お願いします」と呼びかけ、SNSで反響を呼んだ。

ユーモアでいて、真剣な一面も見せた藤井アナのギャップに、心惹かれたという視聴者は多いに違いない。

・合わせて読みたい→コロナ禍で自分を汚さないように… 藤井貴彦アナの言葉に「救われた」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一