久しぶりの電車で… ウイルスと同じくらい恐ろしいモノに不安の声

緊急事態宣言が全面解除となり、久しぶりに電車に乗った人々からは、戸惑いや不安の声が……

話題

2020/05/29 06:00

社会的距離を意識する乗客たち
(Fiers/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

25日、一時期は全国に発令されていた緊急事態宣言が、全面解除となった。徐々に経済活動を再開していこうという動きの中で、久しぶりに電車に乗った人々からは、電車内の光景に困惑する声が上っている。



 

■ただでさえ不安な電車内

新型コロナウイルス感染症対策として求められている、「ソーシャルディスタンス」。日本国内で感染拡大が始まった当初から、「3密(密閉・密集・密接)」を満たす満員電車には懸念の声があがっていた。

緊急事態宣言の解除に伴い、テレワークから通勤に切り替わる人も見られ、インターネット上には「在宅勤務が終わるー」という嘆きの声とともに、電車に乗らなくてはならない状況に不安の声が続出している。


関連記事:志尊淳、緊急事態宣言後スーパーに行くと… 「街中の光景」に目を疑う

 

■乗客同士が顔色を伺い合うように

しらべぇ編集部の記者が、28日午前10時前に京急久里浜線の上り快特列車に乗車したところ、座席の間隔を空けて座り、ソーシャルディスタンスを守ろうとする乗客が目立っていた。

しかし、ターミナル駅が近づくとそうも言っていられないほどの混雑具合に。次第に座席が埋まり始めると、後から乗車してきた乗客は、まばらに埋まる座席を目前に、キョロキョロと周囲の様子を確認しながら(座っていいのかな)といった様子で困惑。

「乗客同士が顔色を伺い合う」という光景を目の当たりにした。

次ページ
■「人が怖い」の声も相次ぐ

この記事の画像(1枚)