『IKEA』コロナ徹底対策 店員を“密”から守る方法が最強すぎる

北欧発の人気インテリアチェーン・IKEAの新型コロナウイルス対策が斬新すぎると話題を呼んでいる。

話題

2020/06/01 07:45

IKEA

新型コロナウイルスの影響を受け、多くのチェーン店が対策に追われる昨今。北欧発の人気チェーン・IKEAでは、かなり斬新な方法でソーシャルディスタンスを維持していることが判明した。


画像をもっと見る

 

■現地に向かうと…

都内近郊のIKEAでは、店内の至るところに「2m以上の距離を保ちましょう」と書かれた注意書きが掲載されていた。店舗の入口には消毒液が置かれていたり、レジ周辺の床には2メートル間隔でシールを貼るといった対策が取られている。

店員がマスクや手袋をを装着しているのはもちろんのこと、店内の小まめな消毒も行なっているようだ。


関連記事:久しぶりの電車で… ウイルスと同じくらい恐ろしいモノに不安の声

 

■店内の様子は…

連日多くの人で賑わっているようで、外でも駐車スペースを探して多くの車がさまよっている様子が目についた。また大きな買い物袋を持っている人も多く、この辺りの「ドカ買い」は自粛疲れの反動もあるのだろうか。

しかし来客数の関係上、ソーシャルディスタンスを保ち続けることは難しく感じられる。IKEAの対策をしても、「2m」の間隔を確保するのはやはり厳しいのだろうか…。

次ページ
■家具を利用した「鉄壁」

この記事の画像(3枚)