3割が仕事にFAXは必要 「ひと目でわかりやすい」の声もあるが…

仕事でのやり取りをチャットやメールでなく、いまだに電話やFAXがメインになっている会社も多いだろう。

ビジネス

2020/06/14 21:20

仕事に、パソコンは欠かせないものとなっている。しかしこれほどまでにインターネットが普及している中で、いまだにFAXでのやり取りはなくならない。


画像をもっと見る

 

■「自分の仕事にFAXは必要」3割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に、「仕事について」の調査を実施した。

自分の仕事にFAXは必要だと思うグラフ

「自分の仕事にFAXは必要だと思う」と答えた人は、全体で29.9%だった。


関連記事:火事と見間違う弁当屋『鯖の助』 激ウマすぎて涙が溢れるレベルだった…

 

■業界全体がFAX中心

性年代別では、30代女性が一番多い割合になっている。

自分の仕事にFAXは必要だと思う性年代別グラフ

朝から、大量のFAXを処理している人もいる。

「会社に出勤するとまず、大量に送られてきているFAXを案件ごとに仕分けしている。ペーパーレス化を進めている企業もあると聞くけれど、うちの会社では絶対に無理」(30代・女性)


業界全体が、FAXをメインに使っているところも。

「仕事で取引先と電話することも多いけれど、そこからFAXでのやり取りになるのが私のいる業界の慣習になっている。なにか大きな力が働かない限り、変化は起きないと思う」(30代・女性)

次ページ
■FAX文化は根強く

この記事の画像(3枚)