関ジャニ丸山の“馬みたいなキス”が衝撃的 「全細胞が奮い立った」

関ジャニ∞の丸山隆平が『関ジャニ∞クロニクルF』にて理想のキスを明かし、大きな反響を呼んでいる。

テレビ
(Rainer Puster/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

関ジャニ∞の丸山隆平が、15日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)に出演。番組中に明かした理想のキスシチュエーションに、視聴者から「全細胞が奮い立った」「一番エロい」など興奮する声が相次いだ。



 

 

■様々な角度からキスを特集

番組ではこの日、「キス」を特集。豊臣秀吉が「口吸い」(当時のキスの名称)を大好きだったことや、なぜ日本人は欧米のようにカジュアルにキスをしないのかといった歴史から、エイトメンバーが選んだ印象的なキスシーンがある作品まで、様々な角度からキスについて語り合った。

そして番組後半には、それぞれが思い描く理想のキスシチュエーションを発表していく。


関連記事:『イッテQ』いとうあさこがキスされ続ける映像… お茶の間も再び再燃

 

■丸山「馬みたいなキスかな〜」

数人グループで一日遊んだあと、最後に行ったカラオケボックスで、他のメンバーが寝落ちしてしまった中でこっそりとされる秘密のキスにドキッとするという大倉忠義。海水浴中にお互いが口に含んだ海水を渡し合うキスがしたい安田章大と、個性豊かなシチュエーションがどんどんと飛び出す。

エイトメンバーたちが事細かくリアルに理想のシチュエーションを語っていく中、最後の発表順となった丸山だけは「僕は、馬みたいなキスかな〜」とシンプルに回答。舌をベロベロと出す生々しいキスをおどけるように実演してみせたのだった。


■ファン衝撃「全細胞が奮い立った」

今回の放送を受け、エイトメンバーの理想のキスシチュエーションに、視聴者からは興奮する声が続出。ツイッターでは「30代のキス妄想しんどすぎる(笑)けどみんなかわいい! なんなん大倉さん!」「あんまりにも楽しそうに無邪気にキャッキャしてるから観ててこっちが変にソワソワする」などのコメントが書き込まれている。

また、丸山の「馬みたいなキス」というパワーワードに衝撃を受けた人も少なくないようで、「よく考えたらいっちばんエロいからね??」「ヒェ、、全細胞が奮い立った」といったコメントも見られた。

・合わせて読みたい→最上もが、『眠れる森の美女』の再現で「王子役」に立候補するファン続出

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部