神奈川県最古の神社でネギの被り物が話題 宮司は「神社にも革新が必要」

かぶりもので話題の神奈川県最古の神社。そのかぶりものにかける想いとは…

話題

2020/06/26 10:40

禰宜
(写真提供:有鹿神社)

歴史書によると、その発祥が天智天皇3年(664年)ごろと言われている、神奈川県最古の神社。その神社のかぶりものが、SNS上で話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、宮司などから詳しく話を聞いた。



 

■戦乱で2度消失の悲劇

神奈川県海老名市にある有鹿(あるか)神社は、歴史ある神社だが、室町時代には、2度戦乱に巻き込まれて、燃えてしまう悲劇にも見舞われた。しかし、見事に復活を遂げたことで、今がある。


その神社の「芽の輪くぐり」が、今話題になっている。神社では通常半年ごとに、けがれをはらう意味で行われているそうだ。


関連記事:1300年の歴史誇る神社で見かけた「新たな参拝スタイル」に衝撃

 

■神社の敷居を低くしたいという想いが

なぜネギをかぶっているかというと、この人の役職が禰宜(ねぎ)だから。禰宜は、神社では一般的に宮司の次の役職となっている。この神社の禰宜は、宮司の娘さんが務めている。

「神社というと、どうしても敷居が高いイメージを持たれてしまう。優しい雰囲気を醸すことによって、近所の子供たちにも馴染みあるものになってほしい」という想いから、このかぶりものを被って、実施しているそうだ。

次ページ
■神社には革新が必要

この記事の画像(1枚)