レジ袋有料化が東京駅内で混乱招く? ネットではブーイングの声

7月1日から開始されたレジ袋の有料化。駅や空港、高速道路のサービスエリアなど、土産店でも有料化の波が及んでおり、ネット上で話題になっている。

話題

2020/07/06 07:00

東京駅

コンビニやスーパーなどで全国的に始まったプラスチック製レジ袋の有料化。7月1日の開始から約1週間が過ぎ、ネットでは「エコバッグ持ってた方が得」「2、3円くらいなら、ま、いいか」など様々な意見が飛び交っている。

そんな中、駅や空港、高速道路のサービスエリアなど、土産店におけるレジ袋有料化が痛手だという声がネットに散見されている。


画像をもっと見る

 

■東京駅の様子

東京駅

東京駅の改札内外には大小様々な土産店、駅弁専門店、テイクアウト専門の惣菜店、デリカなどが並んでいる。各店舗には手土産を買い求める利用客が平日でも多く見られるが、この場所でもレジ袋有料化が開始されており、ちょっとした動揺を生んでいるようだ。

新幹線の改札手前にある駅弁などを取り扱う店では、東京駅の赤レンガをイメージしたパウンドケーキが人気を集めていた。


関連記事:ミニストップのレジ袋をひと言で“実質無料”にする方法が超簡単だった

 

■紙袋のため無料!

このパウンドケーキ、1個1,300円と平均的な価格であり、東京土産に購入する人も見られていたが、スタッフに聞くと「小分け用」の袋を無料配布しているという。

「小分け袋として手さげの小さい紙袋をご用意しており、以前通り無料でお渡ししています」という説明があり、複数購入すると大きい紙袋に商品と小分け用の紙袋を入れてくれる。

次ページ
■こっちは有料…!

この記事の画像(4枚)