シャープ、切れ味抜群のツイートに1万人が爆笑 「どうしたの」と困惑する声も

シャープ公式ツイッターアカウントが「ぴえんこえてぱおん」をもじった言葉を投稿。センスが素晴らしい!

話題

2020/07/15 15:40

シャープ

シャープが15日にツイッターアカウントを更新。流行語をもじった言葉をツイートして反響を呼んでいる。



 

■ぴえんこえて…

女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛ける、株式会社AMFが発表した「2020年上半期の流行語大賞」のコトバ部門で第5位に「ぴえんこえてぱおん」がランクイン。悲しいときなどに使う「ぴえん」よりもさらに上の状態をあらわすときに使う言葉だ。

シャープはこの言葉と、家電を掛けて「ぴえんこえて『かでん』」とツイート。15日13時時点で1.5万以上の「いいね」がつくほど反響を呼んだ。また、続く投稿では「シャープしかかでん」と、こちらもコトバ部門第1位の「○○しか勝たん」をもじった言葉をつづっている。


関連記事:シャープ公式が掲載した始末書 最後の言葉に「感動した」

 

■ツイートに爆笑の声

さらに、15日にはツイッターアカウントの「中の人」が、かつてファッション雑誌でスナップを撮られたときのエピソードを投稿。後日、喜びながら雑誌を確認したら足元のスニーカーだけの写真が掲載されており、がっくりと肩を落としたようで「いまで言うところのぴえん」と振り返った。

ユーモアあふれる一連の投稿に、「うまい! 座布団1枚!」「センスが好き」「怒涛のツイートしてて笑う」と爆笑の声が続出。一方で「シャープさんどうしたの」「データ収集してツイートするAIに変わったのかな?」と困惑する声もあがっている。


■「ポテサラ論争」でも注目

今回のように遊び心のあるツイートや、家電購入に迷うユーザーへの親切な対応でたびたび話題になるシャープのツイッターアカウント。

ツイッターで大きな話題となった「ポテトサラダ論争」でも、自炊の大変さに触れた上で「作ってみれば案外めんどくさい料理の代表格、ポテトサラダも、ホットクックがあれば少しは楽になります」と自社製品を宣伝し、「仕事が早い」「ツイッターの達人」と称賛の声があがっていた。

・合わせて読みたい→シャープ公式、プレステ5と形が超似ている「過去商品」をこっそり紹介する

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一