宮下草薙・草薙が芸能界への不満を大爆発 「約束が違う」「いつまで頑張ればいいの?」

『あちこちオードリー』で宮下草薙・草薙航基が芸能界への不満を爆発させた…

エンタメ

2020/07/15 20:20

宮下草薙

14日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にお笑い第7世代の人気コンビ・宮下草薙の草薙航基と宮下兼史鷹が登場。草薙が芸能界に対する本音を暴露した。



 

◼約束が違う?

大活躍中の宮下草薙が将来の展望について語る。オモチャが好きな宮下は「オモチャの趣味を仕事にしたい」と熱弁、それに対して草薙は「一緒に(芸人を)辞めてくれるって言っていた」と宮下への不満を漏らす。

気が弱い草薙は「明日辞めてもいいやって気持ちじゃないとテレビには出れない」タイプ。それを宮下に告げて、もし辞めるとしても「一緒に辞めてくれる。そして(オモチャ屋の店長の宮下が)雇ってくれるっていう約束だった」と熱弁。

その約束があったから芸人を続けられていると振り返りながら、自分の意志に反して芸人を続ける意欲を見せる宮下に「こいつ、続けようとしてるぞ。話が違う」と不満を口にした。


関連記事:宮下草薙、コロナ禍でコンビ格差拡大しショック 「シャレにならないレベル」

 

◼芸人は辞めたいけど…

「お笑い真剣勝負みたいな番組がすごく嫌い」「大喜利とか一番嫌い。よくやるなぁって思う」と芸人らしからぬ本音を吐露し続けた草薙。

「宮下が『いつ辞めもいいよ』っていうから組んだ、芸人を続けていた」と宮下との約束事を何度も主張し「(宮下がこれからもずっと芸人を)続けたい感じになっている」と宮下の変化に困惑。

芸人を続ける未来を想像し悲しげな表情を浮かべ、「いつまで頑張ればいいの」「この先真っ暗」と嘆く。

草薙は宮下と一緒なら芸人でなくてもイイと最後まで主張、話を聞いていたオードリーは、もし宮下が結婚しても「宮下と草薙の2世帯住宅にして、表札を宮下草薙にすればイイ」と芸人を辞めたとしても人生を一緒に過ごせるようアドバイスを送った。

次ページ
◼視聴者の反応は…

この記事の画像(2枚)