加藤浩次、メディアが生んだクラスター像をバッサリ 「よく言った!」

『スッキリ』新型コロナウイルスのクラスターをめぐり、加藤浩次が持論を展開。多くの視聴者から共感の声が寄せられている。

エンタメ

2020/07/24 12:30

加藤浩次

新型コロナウイルスの新規感染者数が、都内では日に日に増してきている。「夜の街がクラスターとなっている」などの報道も多数見かけるが、『スッキリ』MCの加藤浩次はクラスターという言葉の使い方に疑問を感じているようだ。



 

■クラスターの発生事例に注目

24日放送の『スッキリ』では、先月末から今月にかけて発生した様々なクラスターの事例に注目。

先月末に人材派遣会社内で発生したいわゆる「職場クラスター」や、今月10日に奈良・大和郡山市で起こった「集配センタークラスター」などが取り上げられた。

他にも秋葉原のメイドカフェで発生した「メイドカフェクラスター」など、各クラスターには関連場所にちなんだ名前がつけられている。


関連記事:愛知県、新型コロナ感染者の個人情報を公式ウェブサイトに誤掲載

 

■加藤の疑問

すると加藤は各クラスターの細かい状況を分析し、表現の誤りについて指摘し始めた。

例えば「職場クラスター」は同じフロアで事務の仕事をしている16名から感染が発覚したのだが、その内の複数人が同じ飲み会に参加している。加藤は飲み会の部分に注目し、「夜の街とあまり変わらないということですよね」と感染経路の可能性についてコメント。

また、感染が確認されたドライバーや営業職員が職場外の会食やカラオケに参加していた「集配センタークラスター」の事例について、「これも言葉がおかしいと思うんですよ」と首を捻りだす。


■相次ぐ共感の声

メディアのつけた呼び名に疑問を感じた加藤は、「集配センターじゃないんですよ」「集配センターで働いてらっしゃる人たちが、会食やカラオケに行って密状態になって、クラスターになっているということなんですよ」と言葉を続ける。

その他の発生事例についても、名前と直接関係のない場所でクラスターが発生しているケースがあるとコメントしており、ツイッター上では「加藤さんよく言ってくれたわ」「そうなんだよ、職場がクラスターになってるんじゃないんだよ」など視聴者からの共感の声が多数確認できた。

中には「メディアが作り上げた言葉をキッパリ否定してくれたな」と言った声も見られ、加藤のスタンスを評価するユーザーも少なくないようだ。

・合わせて読みたい→愛知県、新型コロナ感染者の個人情報を公式ウェブサイトに誤掲載

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ